患者の治療に役立つアロマセラピー

ビル

アロマセラピーは現代のような疲れやすい社会で生きている人達のためにリラックス効果を与えてくれることで有名ですが、実は医療現場でも注目されるようになってきています。
メディカルアロマセラピーといい、通常のリラックス効果を求めるものとは異なり、患者を治療することを目的として行います。
海外ではアロマセラピーに使用する精油を古くから医療現場で活用してきましたが、日本では精油は医療として認められていないので保険が効かず、認知度が低いです。
しかし、一部の病院やクリニックでは精油の効能が患者の治療に役立つということで、外部からメディカルアロマセラピストを呼んで患者にトリートメントを依頼しています。
メディカルアロマセラピーには資格があり、最近では看護師も試験を受けることが多くなっているようです。