医療で活用されるアロマセラピー

ビル

メディカルアロマセラピーとは、古くからフランス等のヨーロッパ諸国で活用されていた医療内でアロマの知識を活用することを言います。
メディカルアロマとは、人間が自分自身でもっている自然治癒力を引き出すために治療として使われているものであり、主に皮膚病を患っている患者さんや精神疾患を持っている患者さんのメンタルを癒すために使用されているものとなっています。
以前から、日本国内でも日常生活の中でアロマは利用されていました。
日本ではアロマにはリラクゼーション効果や美容効果があるものとされており、ファッション誌やエステの中でも利用されており、認知度は非常に高いものとなっています。
これからどんどん医療業界でも活用され、少しでも多くの患者さんを癒すことのできる道具として普及していけばいいのではないかと思います。