医療現場のアロマセラピー

ビル

アロマセラピーとは、植物から抽出された香り成分です。
この香りを利用して、心や体のトラブルを穏やかに回復させ、自然治癒力を高めていく働きを持ったものです。
現代はストレス社会といわれるほど、仕事や人間関係にストレスを抱えている人が多くなっています。
アロマセラピーは、疲労回復や美容、健康維持のために古くから自然療法として親しまれてきました。
最近では、医療の現場でも患者さんの心をいやすために利用している施設が増えてきています。
手術の後の痛みの緩和、精神的苦痛の緩和に活用されています。
エッセンシャルオイルの香りを楽しむだけでなく、ホホバオイルやオリーブオイルなどに希釈してマッサージを行うこともあります。
この技術により術後のむくみケアにも活用されています。